Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白いハイビスカス

この本「秘密のたからばこ」の前半部は、若かりしころの著者自身の恋愛体験が綴られているんですけど…


この本をバッシングする人の中には
ヒロインのさゆみちゃんの事をね、
あそこまで書かれて可哀想!とか…
今頃、著者と付き合った事を後悔してるんじゃない?
なんて、言うらしいんです。

それもテレビ放送を使ってですよ!
(この話は、著者である佐藤和也先生から直接、聞いた話です)



ひどいね…

とってもとってもステキな恋だったのに!

いくらなんでもひどすぎる…




主人公の男の子、一也君はね。
本の最初のほうで、好きな女の子を花にたとえようとするんだけど、
その時は、うまく浮かばないの。

風に揺れる花のような女の子・・

でも、その花が、何の花かと問われると途端に難しくなる・・・って。

それがね、
話が進んでいって彼女の両親が沖縄の出身だって、
その沖縄を代表する真っ赤で派手な花の名前が
ハイビスカスだって知るの。


その後で、彼は大好きな彼女のことをもう一度、花にたとえるの。
夕暮れ空の中に、さゆみという名の白いハイビスカスの花が・・・奇跡のように咲いていた。って・・。


秘密のたからばこ画像

白いハイビスカスですよWWW


ハイビスカス2


白いハイビスカス・・・

ハイビスカス3


なんて素敵な花なんでしょう!
なんてステキな、たとえなんでしょう!

わたし、胸がじーんとしちゃいました。うるうる・・。

(これこそ、世界文学史上最高峰の表現ではないでしょうか?)




あのね、これほどひとりの男性に心底惚れられて
それを25年も経ってから、彼が泣きながら書いてくれたふたりの思い出。

この本の恋愛部分は、彼がまさか本になるなんて知らずに
ただ、自分自身と彼女のためだけに書いた日記のようなもの。
宝物のような思い出なんです。


この原稿の文字のひとつひとつは、
僕の人生から彼女に送るバラの花びらのひとひらひとひらであり・・・
そのすべてがいつか、ひとつの巨大な花束となり・・・彼女に贈られる、その時を待っている。


私は、この本のヒロインのさゆみちゃんがうらやましい。

女の子だったら誰だって、一生に一度でもこんな風に愛されてみたい。
きっと、そうおもうはず・・・。



これのどこが可哀想なんですか?


どうして今頃、この著者と付き合ったこと後悔してるよね!
・・・なんですか?


信じられない・・・

たとえ、悲恋におわろうと
ジュリエットはロミオと付き合った事を後悔なんてしない



みなさんは、どう思いますか?

秘密のたからばこ2


<新宿>   紀伊国屋書店 新宿本店
    03-3354-5702


<東京>   東京駅八重洲口 八重洲ブックセンター本店
    03-3281-8204


<有楽町> 八重洲ブックセンター 日比谷シャンテ店  
         日比谷シャンテ3F
    03-6206-1771


<恵比寿>八重洲ブックセンター 恵比寿三越店  
     恵比寿三越2F
    03-5423-1203


<御茶ノ水>三省堂書店 神保町本店 
    03-3233-3312


<秋葉原>書泉ブックタワー
    03-5296-0051


<高田馬場>
    芳林堂書店 高田馬場駅前店4F
    03-3208-0241


<池袋>
    三省堂書店 池袋本店
    池袋駅東口
    西武池袋本店 別館地下1F
    03ー6864ー8900

    三省堂書店 池袋店
    池袋駅東口
    西武池袋本店 9階 南
    03-3989-1551

お出かけ前に、在庫のチェックを忘れずに!



テーマ:愛のかたち - ジャンル:恋愛

被災地の奇跡

今度の地震でさ、沢山の人が亡くなっちゃったり

家を流されちゃった人とか

船を壊されちゃった漁師さんとかさ、

いっぱいいるよね……



そう言えば、東京都知事の石原さんがバチが当たった…発言して、バッシングされたみたいね、
そりゃあ、そうだよね。笑

みんな、ひとりひとりは
何も悪いコトもしてない犠牲者なんだからね。



なんにも悪いコトもしてないのに

家を流されて、

バチが当たった…言われたら、

そりゃあ、怒るよ…誰だって!笑



でも、その報道見て
タレントのたけしさんなんかもテレビで、俺もそう思う…って、言ってたらしいよ。
まあ、分かるけどね。

特に、東京人はね…贅沢しすぎなんだよ。
夜中から朝まで、こうこうと明かりつけて…眠らない街とかやってきたんだからね。


その生活を維持する為の原発。
ところが、ちょっと地震が来たらパニック…メルトダウン寸前!


何、考えてんのかな?

もともと、火山国の上に原発作るなら

それ相応に作って欲しいよね…


アタマ悪いよな…

津波は仕方無いかもだけど

原発事故は人災だよねww


すべてが<砂上の楼閣>だったんだよ


あたしだって、一応大学生だからね

このくらい言葉知ってんのよ…

我ながら、いいコトも言うよね!笑

砂上の楼閣かぁ…なるほどなぁ!笑


ところで、


被災地の方にも、秘密のたからばこの読者の方とかいてさ、
ブログ書いている人も出て来てるらしいのよ。


その日に限って、たまたまいつもと違う場所にいて命が助かった人とか…

本を置き忘れてさ、

取りに戻る途中で震災に会われて

もしも…そのまま行ってたら

津波に飲みこまれていた…って。



色んな人が報告をし始めてるらしいんだ。



まあまあ、死んじゃったら報告も出来ないワケだし…

本が命を救ってくれた…って、

なかなか他人には伝わらないかも知れないけどね。



でも、自分にしか分からないコトってあるよね…うん。

もちろん、あたしは信じるよ。



だって、夜中に

口笛を吹いてるのを聞いた友だちだって何人もいるんだよ。

生きてるんだよ、あの本は!



きっと、命を救ってくれたんだよ…



不思議なんだけどさ

信じられるんだ…



信じられない話なのは分かるけどさ、

受け入れられるんだよ…



読めばわかるよ…

だって、本の中に書いてあるんだもん

この本は生きてるって。笑

笑えるかもしれないけどさ



でも、本を売る為に出版社の人が宣伝してるワケじゃないんだよ



被災地、福島に在住の被災者が

ブログに書いてるんだよ

自分は、この本に救われた…って。

やっぱり「秘密のたからばこ」って、人の命を救う本なんだと思うなヽ(゚◇゚ )ノ


秘密のたからばこ画像

敬愛する著者:佐藤和也氏のブログ


下記の書店で購入できます
売り切れ・在庫切れありますので、お電話で確認してからお出かけください

<新宿>   紀伊国屋書店 新宿本店
    03-3354-5702


<東京>   東京駅八重洲口 八重洲ブックセンター本店
    03-3281-8204


<有楽町> 八重洲ブックセンター 日比谷シャンテ店  
         日比谷シャンテ3F
    03-6206-1771


<恵比寿>八重洲ブックセンター 恵比寿三越店  
     恵比寿三越2F
    03-5423-1203


<御茶ノ水>三省堂書店 神保町本店 
    03-3233-3312


<秋葉原>書泉ブックタワー
    03-5296-0051


<高田馬場>
    芳林堂書店 高田馬場駅前店4F
    03-3208-0241


<池袋>
    三省堂書店 池袋本店
    池袋駅東口
    西武池袋本店 別館地下1F
    03ー6864ー8900

    三省堂書店 池袋店
    池袋駅東口
    西武池袋本店 9階 南
    03-3989-1551

テーマ:誰かへ伝える言葉 - ジャンル:小説・文学

秘密のたからばこって…

秘密のたからばこって、なんなの?

秘密のたからばこって、なんなのよ?



どうして、こう毎日毎日

この本の事がアタマから離れないの?



どうして、なけなしの小遣い叩いて

本を友達にプレゼントしなけりゃあ、ならないのよ?



なんのために…アルバイトして、

そのお金で本を買って

読んで、読んでって…(><;)



秘密のたからばこって、なんなのよ?

秘密のたからばこって、なんなの?

こっちが聞きたいくらいなのよ!



これは…もう、本なんて

生易しいもんじゃないの!



音楽なのよ…

心を

揺さぶるような…

たましいごとわしづかみにされて

瞬間、瞬間に新しく

生まれ変わるような…

そんな、音楽なの…



それをひとりでも多くの人に

聞いてもらいたい



分かってくださいとは言わないけど

読んでみて欲しい



だから、あたし

アルバイトしたお金で

友だちにブレゼントするの

もう、何ヶ月も続いてる



そしたらね…



あたしの友だちで

仲間に金の亡者みたいに思われてる子がいて……笑



その子がさ、

あたしと同じ様に

この本を何冊も買って

ヒトに上げてるのよ……



嬉しかったよ

でもね、さすがに

信じられないよ、笑ったけどさ。



なんなのよ?

なんなの、こっちが聞きたくなるでしょ?

秘密のたからばこって、なんなの?笑(≧▽≦)

秘密のたからばこ画像


<新宿>   紀伊国屋書店 新宿本店
    03-3354-5702


<東京>   東京駅八重洲口 八重洲ブックセンター本店
    03-3281-8204


<有楽町> 八重洲ブックセンター 日比谷シャンテ店  
         日比谷シャンテ3F
    03-6206-1771


<恵比寿>八重洲ブックセンター 恵比寿三越店  
     恵比寿三越2F
    03-5423-1203


<御茶ノ水>三省堂書店 神保町本店 
    03-3233-3312


<秋葉原>書泉ブックタワー
    03-5296-0051


<高田馬場>
    芳林堂書店 高田馬場駅前店4F
    03-3208-0241


<池袋>
    三省堂書店 池袋本店
    池袋駅東口
    西武池袋本店 別館地下1F
    03ー6864ー8900

    三省堂書店 池袋店
    池袋駅東口
    西武池袋本店 9階 南
    03-3989-1551


敬愛する著者・佐藤和也先生のブログへ


テーマ:読んだ本の感想等 - ジャンル:小説・文学

«  | ホーム |  »

2017-06

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »

プロフィール

 

白いハイビスカスに会ってみ隊

Author:白いハイビスカスに会ってみ隊
FC2ブログへようこそ!

 

最新記事

最新コメント

 

 

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

 

QR

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。